メゾン・ヴァンベール東静岡

分譲マンション 総戸数49戸[住宅48戸/店舗1戸]
メゾン・ヴァンベール東静岡

家族の無事が一番大切。だからわが家は免震構造です。

大地震が起きた時、たとえ建物が倒壊しなくても、揺れによる家具の転倒やガラスの破損から家族の命を守らなくては意味がないから。地震の揺れそのものを軽減する免震構造は、高層マンションだけに必要な「贅沢」ではないと思います。
東海地震が危惧される静岡に暮らすのですから。

新しい東京駅などを支える先進の「免震システム」に、「杭基礎工法」を組み合わせて最高水準の安心・安全を追求。

免震とは?

耐震が地震に「耐える」構造であるのに対し、免震は地震を「免れる」という発想から生まれた構造です。

鉛直方向に堅く、水平方向に柔らかい「免震積層ゴム」の働きにより、建物の荷重に耐えるとともに、建物と地盤を絶縁して地震の揺れを長周期化し、ゆっくりとした揺れに弱めます。さらに、建物と地面の間に設置される「ビル免震用オイルダンパー」が減衰を効かせて地震の力を遮断し、危険な揺れを軽減します。これにより、建物の倒壊を防ぐことはもちろん、家具転倒や設備破損などの二次災害も防止して、人命、家財、建物資産価値などを守ります。

  • 免震積雪ゴム
  • オイルダンパー

液状化にも備えた場所打ち鋼管コンクリート杭

約58m・1600φの場所打ち鋼管コンクリート杭10本で、地下の強固な支持地盤と構造躯体を堅固に一体化。大地震などにより万一液状化現象が発生しても建物をしっかりと支持します。

設備配管も免震対応

免震構造の建物では免震装置の部分が揺れを吸収する際に変形します。このとき、設備配管が損傷しないように、免震層を貫通する部分にフレキシブルな継ぎ手などを採用しています。

地下にある強固な支持層に、約58m・1600φ(中間部)の場所打ち鋼管コンクリート杭10本を打ち込み、支持地盤と建物基礎部を一体化させた堅固な基礎構造を実現しています。

鉄筋コンクリートの主筋を囲む帯筋には溶接閉鎖型筋を使い、柱自体のねばり強さの向上を図り、耐震性を高めています。

鉄筋を包むコンクリートかぶり厚を、柱・梁において約50mm確保しました。コンクリートの中性化を遅らせ、鉄筋を錆びにくくして、ひび割れの発生を抑えます。

剛性が高く、共振も起こりにくく、重量床衝撃音と軽量床衝撃音のどちらの遮断性能も優れています。また、スラブの剛性を落とすことなくスラブ自重を軽減できるため、小梁のないすっきりとした天井も実現します。

コンクリートに混ぜ合わせる水の比率を55%以下とすることで、より確かな耐久性を確保しました。

コンクリートの柱を部屋の外側に出すアウトフレーム工法を採用。これにより、部屋のデッドスペースがなくなり、室内の壁際がすっきりして、家具のレイアウトの自由度も高まります。

排水管には遮音材及び遮音シート巻きを施し、生活排水音を低減する配慮をしています。

上下階の天井と床の間は180~250mm厚スラブを採用し、スペースにゆとりを持たせた構造を採用しました。遮音性に優れているだけでなく、将来のリフォームや間取り変更にも柔軟に対応できます。

戸境壁はコンクリートで200mm以上、外壁は150mm以上を確保。遮音性、耐火性、断熱性に優れた、静かで安心・快適な空間を実現します。

各住戸の給気口には、花粉・粉塵・ホコリなどの侵入を大幅に減少させる花粉除去用フィルターを装着しています。

完成後の管理はグループ会社のアイワマネージメント(株)が担当します。マンションライフのベストパートナーとして、管理組合運営から管理費等の出納・会計、さらには将来的な修繕の相談などに責任を持って取り組み、オーナーの大切な資産を守り続けます。